借りる前に知りたかった!住み始めて気付いた部屋選びの失敗点

住まい選びの失敗談&後悔しない選び方

Link

お部屋選びで気付いた、失敗例や対策を解説

このページでは、住まいの間取りや住環境の面で、これは選んで失敗だった…!という事例を紹介していきたいと思います。 下見の段階で気をつけていれば、という後悔が押し寄せてしまうような、そんなちょっと辛いけど見逃せない失敗談が、色々あるものです。 これらをチェックしていきましょう。

部屋のある地域や治安面での選択失敗の例

このページでは、お部屋そのものだけでなく、住まいの地域的な事情や、犯罪発生率などの治安面と言った部分から、この部屋を選ばなければよかった、失敗したという例を紹介していきたいと思います。 これこそ、事前のリサーチが大事になってくる部分ですので、ここでの先達の貴重な例を学んでいきましょう。

住まいの間取りや環境での失敗例とは

このサイトでは、お部屋選びにおいて「失敗してしまった!」という哀しい失敗談を集めて、その理由を分析し、これからお部屋選びをする皆さんが、同じような失敗をしないようにするための情報提供をすることを目的としております。

敷金、礼金、手数料不要の物件や、インターネット接続済みの物件、そのほかにも、駅近くであったり日当たりが良好、あるいはオートロックや風呂・トイレ別など、魅力的な条件のある物件ではやく一人暮らしをしたいと思っている人は多いかと思います。
しかし、ちょっとした手抜かりや確認不足から、住まい選びを失敗してしまう例が後を絶ちません。
しかし、そう簡単に引っ越しすることができないのもまた現実ですね。
なので、私たちができることは、先に失敗した人達の貴重な例から学んで、自分たちが失敗し無いように対策を立てる事なのです。

最初のページでは、立てつけや日当たり、料金など、主に物件そのものが失敗の要因となっているケースを紹介します。
次のページでは、建物そのものから視野を広げて、治安や駅からの距離など、建物の周辺の立地や事故物件などの要因を探っていきます。
そして最後のページでは、これらの失敗例を踏まえて、私たちが賃貸物件を選ぶときには何を気をつければいいのかを、考えていきたいと思います。
このサイトを読んでいただいて、せっかくの住まい選び、賃貸物件選択において、手痛い失敗を皆さんが回避できれば、たいへん幸いです。

大事な部屋選びで失敗しない為には

最後のページでは、今まで見てきたような失敗例を踏まえた上で、どのような部屋選びをしていけば良いのかを、段階別にみていきたいと思います。 決して難しい対策ではないので、新生活を始める方、引っ越しなどを考えている方は、是非是非、参考にしてみて下さいね。

TOPへ戻る